背の高いケンカ四つの相手の注意点

柔道の試合で、自分より身長がある背の高いケンカ四つの相手の時に注意しなければいけないのは、上から釣手を持たれて頭を下げてしまうことでしょう。

 

背の高いケンカ四つの相手

 

ケンカ四つの場合は、相手の身長が高いと前屈みになってしまいやすいですが、これでは不利だからです。
その為、まずは引手は相手の袖の下側を外からとり、自分の腹のほうに引き寄せて固定させておくことが大切です。

 

 

引手は身長の高さに関係なく、相手の袖の下側を、外側から抱き込むむように握るのが基本です。
ただ単に掴もうとすると、相手に逆に手首を使われて、巻き返されてしまうことがあるので注意が必要だからです。

 

 

そして、手首を小指のほうに回転させるようにして袖を握り、小指を中心にして相手の袖を手繰り寄せて、自分の腹に引き寄せて固定するようにするといいかと思います。

 

 

その後、釣り手で襟を取ったら、外手首、外肘を使い相手の釣手の脇を開かせるようにし、スペースを作り釣手を滑り込ませ、相手の鎖骨あたりの高い位置にキープさせます。

 

 

そのうえで頭を下げないように姿勢を正し、刈り足を相手より前に出すようにしておけば、背の高いケンカ四つの相手に対して優いに試合を運べるはずです。

 

 

また、ケンカ四つで相手が自分より背が高い場合は釣り手を下から持つことが多くなりますが、下から釣り手を取った場合は、開くことが基本になります。
これは自分が回転出来るスペースを作るという意味合いがあります。

 

 

相手に引き寄せられてしまうと回転して投げる背負い投げなどが出来るスペースを潰されてしまいます。
更に、もう一つは相手の力を分散させることが出来ます。
脇が開き釣り手を外から持っている状態では、力が入れにくく技もそれだけかけにくくなります。

 

 

いずれにしても、自分より背の高いケンカ四つの相手の場合は、袖は外から下側を握り、外手首と外肘を使って、釣り手を滑り込ませて、頭が下がらないように直線的な姿勢になるように意識しましょう。

 

柔道上達プログラムの詳細を見てみる