ケンカ四つで技を防ぐには?

ケンカ四つの組手で、相手の技を防げず積極的に攻められないという人も多いかと思います。
例えば、対戦者が同じくらいの身長の場合で、相手の技を防ぎたい場面では、引き手をまずは引き負けないようにすることが大切です。

 

 

というのも、有利な組手にするには引手を引いて固定するのがポイントなので、仮に引き負けてしまったなら、相手に思い通りに動かされないように、自分の肘を腹につけるようにするといいです。

 

 

また、相手の釣り手の侵入を許してしまうと技をかけられやすくなるので、相手が上から取る場合は、自分の釣り手の位置を高く保つようにします。
逆に、下からの場合は相手の前腕に自分の前腕を当てることで侵入を防ぐことが出来ます。

 

 

そして、ケンカ四つでは頭を下げてしまうと、技を受けやすくなってしまいます。
その為、意識的に姿勢を正して頭を下げないようにして、重心を半々もしくは6対4くらい軸足に置くように気をつけることも大切ですね。

 

 

ケンカ四つで組み負けて技をかけられないのは、引き手が固定できておらず、釣り手を動かす軸が作れていないことが多いかと思います。
引手は相手の袖を手の甲を上にして上から握る順手で持って、肘をわき腹に付けるように引きつけて固定させておきましょう。

 

 

そうしないと体勢が安定せず、バランスを崩す原因になり、姿勢も悪くなってしまい不利な状況を作り出してしまいます。
ですので、ケンカ四つで組負けないようにしたいなら、引き手の固定ということに意識を向けて、軸をしっかり作るということを気に掛けて取り組むといいかと思います。