足技のコツ

ここでは種類も多く柔道の中でも重要な役割を持つ、足技のコツ(ポイント)をお伝えしています。
上達する為の参考になれば幸いです。

足技のコツ記事一覧

大外刈りは、柔道の投技の足技の一つで、自分の足の外側で相手の足を刈って投げる技ですね。よく用いる技になるので、しっかり身につけておくことが大切です。そんな大外刈りのやり方のコツは、自分の右足を相手の左足の真横に踏み込み、それに合わせて左の釣り手の肘と手首の間の前腕部分を相手の右胸に当てます。そして、右腋を締めながら引き手(右手)を引いて相手を崩し、左足を大きく振り上げ、脚全体で刈り倒します。相手を...

大内刈りで一本が取れますか?大内刈りは、自分の足の外側で相手の足を内側から刈り、後方に倒す技になるので、体格に左右されにくく相手が大きくてもかけやすい技ですね。また、相手を崩すのに使ったり牽制するのにも有効なので、大外刈りや背負投げ、内股、体落としなど、連絡技として使われることも良くあります。とは言え、かけ方を間違えると返されやすいとも言えます。双方左組みで単独で使う場合の大内刈りのやり方としては...

小内刈りが上手く出来ますか?前に踏み込んで崩し、自分の足の内側で相手の体重がかかっている一方の脚を内側から刈り、後方に倒すのが小内刈りですね。ですが、押して圧力を掛けても相手が倒れないなど、立ち技で勝てないという悩みがある人も多いのではないでしょか。そんな自分も相手も左組みの場合の基本の小内刈りのやり方としては、左足から右足、そして左足へと継いで技に行きます。その際には、左釣り手と右引き手の腋はし...

小外刈りで相手を投げることが出来ますか?自分の足の内側で相手の足を外側から刈り、後方に倒す足技の一つですね。そんな右引き手で相手の右裾を握った場合の小外刈りのやり方は、左足を踏み込み、右足を左かかと後ろに継ぎ、併せて左釣り手で相手の右肘を押し込んで、右引き手で相手の左腕を押し上げて右後ろに崩し、技をかけて相手を倒します。小外刈りのコツとしては、左釣り手は相手の右手の上から必ず取るようにし、左肘は相...

支え釣り込み足のコツ(やり方)をご存じですか?この足技は、相手の足首に自分の足をあてがって、そこを支点にして相手を回転させて投げる技ですね。例えば、こちらが左組み、相手が右組みでの自分より長身のケンカ四つでの支え釣り込み足のやり方は、右足を踏み込み、左の釣り手の腋を締めながら思いきり手前に相手を引いて、右前隅に崩します。この時の釣り手は、相手の右釣り手の上から握り、踏み込む右足は相手の両足間を一辺...

内股を上手く掛けることが出来ますか?内股とは、相手を前方に崩して自分の太もも辺りで相手の太ももを跳ね上げる技です。掛け方としては、相手を前方に崩す必要があるので、しっかり袖と襟を掴んだら相手の頭を下げさせるようにいったん両腕で下にあおります。そうすると相手はそれを嫌がって上にあがってこようするので、そのタイミングで自分の引き手側に引き出し、体をずらしてしっかり足を跳ね上げます。ただ、袖と裾を掴んで...